– 異世界に召喚された英雄たちが紡ぐ物語 –

  1. 最近の記事
  1. 小説

23. 「器の力」

「くっ……う……!」リオンは、俺達と一緒にいる間は実力を隠していたのではないかと疑わしく思えるような動きで俺に攻撃してきた。最初に出会ったときは野獣…

  1. 小説

22. 「光の遺跡へ」Ⅲ

ジークが沈黙の沼で試練を受けていた頃。リオンは、霧がかかって足元が悪く、何より精霊族の守護者のいる沈黙の沼を避けて、光の遺跡に向かっていた。女神を拘束し…

  1. 小説

21. 「光の遺跡へ」Ⅱ

霧の晴れた沼は、大きいと思っていたけれど予想より更に大きかった。カディナという名前らしい沈黙の沼の守護者は、俺に向かって手招きする。俺は頷いて彼女の…

  1. 小説

20. 「光の遺跡へ」I

リオンは、闇の器を持ち、女神様を連れて逃げて行ってしまった。俺達は衝撃から立ち直ると急いでリオンを追って祭壇のある場所から出たけれど、そんなに時間は経っ…

  1. 小説

番外編② 「とある日の女騎士の日記」

 ■翌朝は宿のサービスのパンとスープをお腹いっぱい食べて、全員で買い物に出発した。傷薬とか保存食を運べるだけ買い込んで、初心者でも扱える装備を選び、今まで使…

  1. 小説

番外編①「とある日の女騎士の日記」

 今まで、日記帳は、討伐したモンスターの記録とか家計簿代わりにしてたんだけど、今回の出来事は、書かずに忘れてしまうわけにはいかないと思うから。 まず、私の名…

  1. 小説

19. 「戸惑いと疑心」

突然の揺れに驚いていると、部屋の中に、ずしん、ずしんと足音をさせながらモンスターが入ってきた。薄暗い中でも分かる、獣のような四本足の下半身に、人間のような腕…

  1. 小説

18. 「ベルの受難と女神の癒し」

突然の揺れに驚いていると、部屋の中に、ずしん、ずしんと足音をさせながらモンスターが入ってきた。薄暗い中でも分かる、獣のような四本足の下半身に、人間のような腕…

  1. 小説

17.「束の間の休息と火炎洞窟」

「う、うーん……?」「ジーク! 起きなさい!」ぱん、と頭に衝撃が走る。「うわあっ!」驚いて起き上がると、他のみんなもイーリスに起こされて、ううん、と伸びをし…

  1. 小説

16. 「目指す指針とまぼろしの町」

  俺達の仲間になったリオンは、まず、俺達に魔王を封印するために必要なアイテムの存在を教えてくれた。それによると、光の器と闇の器というものがあり、闇の器には…

PAGE TOP